logo

TEL.092-409-5710

ブログBLOG

贅沢ケチャップおいしーよ♪

ペリカン薬局大濠店

2022.06.04 UPDATE

皆様こんにちは!ペリカン薬局大濠店です。
6月に入りました。。毎日が夏まっしぐらなお天気ですね・・・
既に暑い・・・
それに加え
紫外線も強くなりますし熱中症なども気になりますね、水分補給やUVケアが欠かせません!
そんな夏美味しいお野菜といえばトマトですね♪最近オリジナルブランド「伽藍堂」より
【贅沢トマトケチャップ】が発売されました!
本記事では当商品についてお話させてください!

まずまずスタッフの感想から☟☟☟
私はオムライスや、ソーセージに付けて使ってみました!
市販のものとは違いトマトの甘酸っぱさが前面に引き出され塩気は少なめ、すっきりと味わえるケチャップです。
塩気は少なめ、物足りないのではと思われますか?
実は当商品の塩分量は一般的に市販されるケチャップの3分の1( `ー´)ノ
あまりしょっぱくないのは当然で、トマトそのものの爽やかな酸味と甘味が楽しめます!
そして塩分量を抑えているからこそ市販品より体には優しいと言えますし、開封後は1ヶ月程度冷蔵庫で持つそうなので、扱いは市販のものと変わりません♪
また、弊社献立部考案の焼きオムライスもオススメです!
具材を切る以外はレンジとトースターで作れますので、お子様と一緒に楽しく召し上がっていただけます♪

美味しさの理由は、使用しているトマトにもあります。
トマトケチャップに使われているトマトは、熊本県は玉名にあります蘇鉄園芸さんの桃太郎プレミアムというトマトです。
《おいしさの秘訣その1:あまみ》桃太郎プレミアムの糖度が7~8度!
一般的なトマトであれば、糖度は平均して5~6度と言われています。他の野菜・果物で言えば苺やさつまいもで7度以上なので、あくまで酸味とのバランスで味わいが決まるとは思いますが、甘味の強いトマトと言えます!

《おいしさの秘訣その2:うまみ》長い歴史の中培われてきた土壌にも秘訣があります。
江戸時代、加藤清正公着手による干拓によってできた玉名市横島町。
最終的に現在の土地に落ち着いたのは昭和に入ってからですが、当時は河川の氾濫や一揆などにより田畑の荒廃著しい土地だったとのこと・・・
農閑期の農民の力を借りつつ始まった河川の治水や土地整備を始めたのが、加藤清正公だったそうです。
名古屋城・熊本城を建てた事から築城に長けた武将のイメージだったので、治水は少し意外でした!

さて、少し話が逸れてしまいましたが・・・
干拓地は、海だった場所を堤防など壁で区切り中の水を抜いて作る土地。
つまり海底の地面がそのまま土壌となります。

海のミネラルを多く含んだ土地なのですが、それゆえ苗自体が水分を土から上手に引き上げられず、生育には負荷がかかります。
そのため果実自体は大きく育ちませんが、小ぶりで皮や果肉が厚く、旨みの詰まった作物が育つそうです。
熊本県玉名の手塩にかけて育てられたトマト、その良さを、ケチャップを通して感じていただければ幸いです。
店頭にいらっしゃったときは是非手にとられてくださいませ!
ご来局お待ちしております♪